日本の家電はえらい!

日本で買ってきたN社のホームベーカリー。過去4日間で4種のパンを焼いてみたが、もう感動的に便利! なんたって材料を入れ、スイッチを押すだけでパンができるのだ。井戸端で家中の洗濯物を手洗いし続けてきたお母さんが、宝くじでプログラム&予約機能つき全自動洗濯機を手に入れ、初めて使ってみた時と同じくらい感激している。


最初に作ったパンは、全粒粉3と強力粉2の比率にしたらフワフワ、スカスカ、ソフトパンになってしまい、今いち私たちの好みからは外れたが、2回目のパネトーネもどきパン、3回目の全粒粉100%パンなどは、「おお、いけるじゃん♪」の出来になり、満足、満足。時間がある時は、手ごねでパンを作るのも楽しいが、毎日のお弁当がサンドイッチの私としては、毎週末ごとに1週間分のパンを手ごねで焼くのは、時間的に結構しんどかったのだ。これからは忙しくても、体調が悪くても、ちゃんとパンを焼ける。しかもお手入れも簡単。内釜のハネと軸の間に少々生地がくっつく程度で、これもしばらく水につけておけば、すぐ取れる。他の部分はスポンジでなでる必要もないくらいきれいだし、内蓋も同様。手ごねで焼く時に使う食パン型を洗うより、よほど簡単だ。これで22,800円(有楽町・大写真機店価格)は安い!


日本とは電圧が違うので、何か不具合が起こるのでは?と心配だったが、手持ちの変圧器をかませたら全く問題なく使えるし、持ち帰る途中、羽田で一度カートから転げ落ちたりもしたが、内部のIC(かな?)は無事だったし、日本の家電はえらい!


ま、できあがるパンが日本人好みにソフト傾向なのは、しっかり重いパンが好みの私たちには少々遺憾だが、これは材料の粉を調整すれば何とかなることで、マイナス点をつけるほどのことではない。そのため一昨日は尖沙咀の某日系スーパーまで出かけ、カナダ産と英国産の全粒粉他を6キロばかり買ってきた。1.5キロ×4の粉を入れたバックパックは肩にずしりと重かったが、美味しいパンのためと思えば、何のその。食い意地は私の生きる力だ。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター