「無犯罪記録証明」入手!

  • 2011/03/02 17:20
  • Category: ビザ
ウチの近所から朝8:05発のバスに乗り、広州に着いたのが11時過ぎ。海珠広場で降り、泰康路から北京路を北上し、中山路にぶつかったところで右折すれば、めざす公証処のビルはすぐそこ。

途中、北京路に入ったあたりで担当の何小姐に電話したら「なに今、北京路?じゃあ歩いてお出でな」と言われたので「はい、はい」と元気よく歩いて行く。北京路は16年前に比べ道幅が広がり、店の造りもきれいになったが、基本的には余り変わっていない。というか郊外と違い、市中心の道は建物を取り壊して大規模再開発でもしない限り、変わるはずはないのだ。かつて“中華”南、中、北路と呼ばれた道が、1949年以降は“解放”南、中、北路になったように、政治の交代で名前が変わることはあっても、道そのものは残るのだ。何世紀前かの人が裸足や馬で駆け抜けた同じ道を、21世紀の私はややくたびれたプーマで北上するのだ。

というような感傷はさておき、公証処で現れた何小姐は想像したようなおばさんではなく、30そこそこの大変ほっそりした娘さんだった。あれま。これでどうしてあの話し方かね?とは思ったが、まさか口には出さず、無事「無犯罪記録証明」3通を貰ってバイバイ。到着から辞去まで10分もかからず。隣の公園というか広場のベンチに座り、持ってきたサンドイッチで昼食。帰りのバスまで少し時間があったので、北京路をぶらぶら。なにやら随分スポーツショップが目に付いたけど、これは広州アジア大会の影響か?(んなはず、ないか)

帰りのバスは12:50、東方賓館発。となりの中国大酒店の寂れ方に「うむ、20年・・・」と思う。沙面の白天鵝も寂れたかしら? また深セン湾で通関し、香港着は4時過ぎ。

行き帰りとも熱心に窓から外を見ていたにもかかわらず、今回は頭痛に見舞われ、しかもだんだんひどくなり、家に帰りついたときにはぐったり。風景見てるだけじゃ頭痛は治らんか。ちぇ。

ご参考までに「無犯罪記録証明」の中文正版をご紹介すると「公證書 (2011)南公證外字第049XX號 茲證明XXXXX (女,一九XX年XX月XX日出生, 現住香港)從一九九三年X月至一九九五年X月止, 在中國居住期間, 未受過刑事處份。 中華人民共和國廣東省廣州市南方公證處 公證員:XXX 二〇一一年二月十八日」となっている。(原文は簡体字) 茲證明のあとのXXXXは、ローマ字表記の私の氏名。漢字が読める日本人なら翻訳なんか必要ないくらいのわかりやすさ。
これに英文の翻訳がついて、3部で130元。安いもんである。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター