広州行った

  • 2011/02/18 17:14
  • Category: ビザ
きのう広州に行った。午前中なるべく早い時間に着きたかったので、行きは電車(2時間、190元)、帰りは別に急いでいなかったのでバス(3時間、80元)にした。どちらも乗り心地は快適だった。

ことにバスは深セン湾口岸で通関するようになってから、大変便利になった。皇崗や羅湖などと違い、ここは同じ建物の中で中国側の入/出境と香港側の入/出境ができるのだ。すいすい進むので、たとえば帰りならパスポートを見せて中国側を出境し、とととと歩いて香港側に達しIDカードでゲートを通り抜けるまで15分もかからない。2002年当時、羅湖での通関に1時間〜2時間かかっていたことを思い出すと、隔世の感あリ。

○大でも公証処でも、事務は(まあなんとか)順調に進んだ。○大はちょうど来学期?の留学生受付の日にあたっていたらしく、白黒黄色取り混ぜた大量の留学生を前に、額に汗して書類確認に追われる諸先生の間を縫って作成済みの書類を貰い、すぐにタクシーで公証処へ直行。

公証処では上の階に受付があるとは知らずに直接事務所に入り込み、入口近くでお喋りしながら新聞を整理していた女の子に案内を請うと、要領を得ない私の受け答えに「しょーないなあ、この外国人」とばかり、手取り足取り手続きを指南してくれる。口の利き方はお役所の事務員というより、やっちゃ場のお姉ちゃんみたいだが、行動は極めて親切。おかげで竜巻に巻き込まれたような気分で言われるままにあれこれ書いたり署名したりしているうちに手続きは終わり、12時前にすべて終了。ただし実際に書類が出来てくるのは少なくとも1週間後とかで、できたら電話をくれるというから、そしたらまた広州に行く。次は行き帰りともバスにしよう。バスは往復で買うとより安いのだ。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター